SIAMはタイのラケット職人、サンパコーン・シッティホ(通称ラオ)によるラケットメーカーです。2009年よりラケット作りを販売し、現在では世界各国で彼のラケットが販売されています。彼のラケット制作はハンドメイドを信条としており、わずかなスタッフと共に、一本一本手作りでラケットを日夜作っています。

SIAMのラケットの特徴は、高い美術性にあります。職人であるラオは、美術及び考古学分野ではタイ国内最高峰の国立大学の出身で、特に木工美術を中心に学んできました。そのため、彼のラケットデザインは美術的な観点からの評価が高く、世界中のラケット愛好家より高い支持を受け続けています。

品質も非常に良く、ハンドメイドとは思えないほど精度の高さが特徴です。アリレートカーボンやZXカーボンなど現在のトレンドも取り入れ、実用性も十分です。

ラケット愛好家は十分に理解していることですが、木は全てが一点もので同じラケットなどこの世に一つもありません。木それぞれの特性を見ながらその性能を十分に引き出すことが出来るハンドメイド製法こそが、上質のラケットを作る最良の方法です。是非一度SIAMのラケットを手に取ってみて下さい。

 

<ラオ プロフィール>

●1987年1月1日生まれ

●タイ王国 ルーイ県出身

SILPAKORN UNIVERSITY シラパコーン大学出身

 

自身も卓球をこよなく愛し、週に数度練習に励んでいます。

 

ラケット作りの傍ら、ギターやテーブルなども制作している。

 

元になるデザインから自身で考案し、形にする。

 

タイ北部の小さなアトリエで、日々ラケット作りをしています。